ワークショップ

ソーラーフードドライヤー制作ワークショップの気になる内容は?

こんにちは、あちこちでワークショップを開催させていただいて早半年、あべゆかです。

タンドール、3-biz、自家焙煎コーヒーなどのワークショップも行っていますが、
中でも開催要望の多いのがソーラーフードドライヤーのワークショップ。

おさる
おさる
ありがとうございます!

ソーラーフードドライヤーってなに?
ワークショップってなに?楽しいの?
どんなものが作れるの??

などなどの疑問が、今回の記事を読んでいただければ解消されるかと思います!

ソーラーフードドライヤーのワークショップの中身についてご紹介していきます。

あべゆか
あべゆか
ただ今、ソーラーフードドライヤーのワークショップをはじめ、タンドールや3-bizのワークショップを呼んでいただければどこまでも行って開催する「ワークショップの旅」キャンペーン期間中です。(9-11月)
おさる
おさる
12月以降は冬ごもりしながら、いろいろな手仕事に挑戦しつつ資金稼ぎをする予定ですって。

ソーラーフードドライヤーとは

干し野菜・ドライフルーツが作れる

ここで言うソーラーフードドライヤーは、非電化工房式ソーラーフードドライヤー。

ソーラーフードドライヤーとは電気やガスなどのエネルギーを使わず、太陽熱で愉しく簡単にドライフード(乾燥食品)を作る道具です。
フルーツ、野菜、芋、茸、山菜、などの他、開いた魚や肉のジャーキーも作れます。ハーブティづくりにも最適です。
非電化工房HPより)

あべゆか
あべゆか
実際にわたしも日々色々な干し野菜に挑戦中ー。
干しておいて、ヨーグルトにのせて朝食に、または紅茶に浮かべたり。
夏に一度にたくさん採れるキュウリも、干して一味違った料理を。
おさる
おさる
野菜や果物の他に、野草や木の葉を乾燥させてお茶として飲んだり、肉・魚などを乾燥させてペット用のジャーキーをつくったりもできるよ。
あべゆか
あべゆか
使い方いろいろ!

太陽熱・太陽光をあつめる構造であっという間

どんな仕組みなのかというと、
箱の中に太陽光・太陽熱を集めて一気に乾燥させる仕組み。
短時間でできるから、なかなか網干では難しいドライトマトなんかも作れます。

・庫内に入れられた食品は、太陽からの直接光・リフレクターからの反射光で複合的に加熱されます。
・断熱材に囲まれた庫内の温度が上昇するにつれ、ゆるやかな上昇気流が生じ、食品中の水蒸気を庫外に排出します。
・これらの総合効果により、短時間で効率よくドライフードが作れるようになりました。
・普通のネットに干すのと比べて2~3倍の早さでドライフードが作れますから、途中でカビが生えてしまった…なんて失敗もぐんと減らせます。
・どこでも持ち運べるコンパクトサイズ。(幅45㎝×奥行38㎝×高さ18㎝)

非電化工房HPより)

雨が降っても、あわてて取り込まなくていいのもいいですね。

晴天だと3-4時間でからからに乾きます。乾かす具合は、どのくらいの期間保存したいかによって乾燥具合の様子を見ながら。

実際にワークショップで作るソーラーフードドライヤーの完成品はこちら。

こちらが完成したソーラーフードドライヤー。
あべゆか
あべゆか
大きさは幅45㎝×奥行38㎝×高さ18㎝。持ち帰りやすさと家庭での使いやすさを考慮したサイズになっています。

どうやって作るの?

使用する工具一覧

制作の流れを簡単に言うと、部品図を見ながら木材やアクリル板などの部品を切り出し、必要な部分はドリルで穴をあけ、インパクトドライバーを使ってビス止めして箱を組んでいきます。
なかなか日ごろ使いなれない道具も、みんなで挑戦してみます。

ソーラーフードドライヤー制作に使う工具がずらり。見ているだけでもワクワクしてきますね~!
おさる
おさる
参考までに、使用する道具を公開します~!
【ソーラーフードドライヤーワークショップで使用する工具一覧】
ノコギリ
クランプ
差し金
コンベックス
カッター
アクリルカッター
インパクトドライバー
ドリル
ドリルビット(径3.5)
ドリルビット(径21)
プラスドライバー(#1)
ハサミ
金切鋏
金切鋸
丸鋸
あべゆか
あべゆか
そんなに難しい道具は使いません。そして、1つ作ってみればいろいろと応用が利くのがいいところかなと。

ワイワイガヤガヤみんなで作ると愉しい

アクリル板を切る作業に挑戦中。
ソーラーフードドライヤー制作ワークショップ@秋田県仙北市。初めてのドリルもみんなで。

道具を順番に使ってみたり、協力しながらの作業です。
大体5-6人の小規模なワークショップですので、ちょっとした一体感が生まれます。

ワークショップの愉しさを紹介します

その1・干し野菜・ドライフルーツを使ったごはん

ワークショップでは、実際にソーラーフードドライヤーで作った干し野菜・ドライフルーツの美味しさ、調理の便利さを体感してもらいたいという思いから、その場で調理・みんなで食べるということもお楽しみの一つです。

実際作れるものを瓶詰にして。つまみながらおしゃべりしたり。
炊き込みごはんと、味噌汁と、ヨーグルト。出しを一切使わなくても、野菜の旨味でこんなにおいしくなる…!体験。
ワークショップのお昼ごはん。みんなでいただきまーす!

その2・みんなで作るからこそ生まれる繋がり

工具を使ったことのない人も、経験豊富な人も、一緒に楽しむワークショップ。
参加することで、知識の共有ができますし、思っても見なかった新しい視点に出会えることもあります。

そんな、人と人だけでなく、色々な知識・技術・体験談と出会えるところも面白さの一つ。

ソーラーフードドドライヤー制作ワークショップ@山形
ソーラーフードドライヤー制作ワークショップ@秋田

こんな人におすすめ!

みんなで協力しながらの作業。女性も男性も関係なく~。

今までの参加者の方々は、
干し野菜やドライフルーツなど「干す」暮らしの文化を大切にしていきたい人
ソーラーフードドライヤーを作りたい!というモノづくりが好きな人
食品ロスに関心がある人や、冷蔵庫無しで生活してみたい人…
など、同じような暮らしを目指す方ばかりなので、不思議とすぐ仲良くなることができます。

またこれをきっかけに、暮らしの情報交換や、仲間が広がっていく…そんな可能性をたくさん秘めた場になると感じています。

各地でワークショップに参加していただいた方々を繋げ、
「干す」文化を通して暮らしの情報交換ができるページをFacebook上で作っていきたいと思いますのでお楽しみに…!

今後のソーラーフードドライヤーワークショップ開催予定

9/16 新潟県十日町市 ゲストハウス やまねこ
イベントページはこちら

9/30 富山県婦中町 オルガノポニコ
イベントページはこちら

10/13 北海道厚真町
イベントページはこちら

あべゆか
あべゆか
ワークショップのご依頼受付中です~。
おさる
おさる
コミュニティカフェに取り掛かる前に、自分で小さい仕事をつくるってことをやってみたくて、できることでワークショップを開催中ですが
あべゆか
あべゆか
本格的に取り組み始めたらあんまり県外でれなくなるかもしれないし、今のうちにあちこちのコミュニティカフェとかコミュニティづくりをしている場所に行ってみたいんだよねぇ。
おさる
おさる
近畿・中国・九州とかね。。
あべゆか
あべゆか
だれか依頼くれないかなぁ
おさる
おさる
なかなか難しいねぇ
あべゆか
あべゆか
うーん
おさる
おさる
!!

そんなわけで、ワークショップの旅編、続く!!

コミュニティカフェ、コミュニティスペースなど、
こんなおススメの場所あるよ!という情報も募集中です。

ABOUT ME
abeyuka
半農半コミュニティカフェ をめざしている。コーヒーが好きです。